自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】結婚の目的 0509


結婚の概念にどのような変化が生まれるのか?100年前まで結婚は家を継ぐ目的だった。それ以前は数千年前子孫を残す目的だった。この歴史は長く結婚に刷り込まれている。ここ50年で恋愛で結婚できるようになった。ゆえに、結婚生活は男女の愛がいろいろと言われるようになった。
もともと別の目的に対して結婚という道具が使われてきた。子孫つまり「家族」を想定して結婚し、家の存続つまり短期的に見れば「家庭」を前提に結婚が使われてきた。また、結婚の維持に愛がどうのこうのと言い出すようになった。どれも結婚の本質から外れており、離婚が増える前提の世界でこの3つ、「家族」「家庭」「結婚」は概念として別々に考えられるようになっていく。

トップに戻るボタン