自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】自分のケツが拭けない 0553

精神が弱い人は、自分の決めたことに自分のマインドを配ることができない。なのになぜ、物事がさほど悪くないのか?それは周囲の精神力がある人が、その人の分まで心やマインドを割いているからだ。できないことを見て、声をかけてあげたり、やってあげたりする。精神が弱い人は、強い人の精神を食って生きている。自分で自分の尻を拭くことができず、人に心を使わせるという恥ずかしい生き方をしている。
まぁだからオレは心の弱いヤツが嫌い。強くする機会にサボってきたということだから。そのケツを人に拭かせている。そして心が弱く「うっかり忘れる」とどうなるか・・・

前話: 【千式】意識と勉強 0552

次話: 【千式】忘れる最大の過ち 0554

トップに戻るボタン