自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】自分の特化 0624


成果を上げ成功する者が未来を作るものだと思われている。実際成功している人は未来のことを偉そうに話す。だが成功者が行うのはどこまでも過去の再現であり、未来創造ではない。成功者が未来の方向を示すと大概大失敗する。本質的に可能性や未来が何かわかっていない。
子供の頃はほとんどの人が可能性にトライした。わからなさすぎるこの世界の中で真似をしたり、組み合わせたり、想像し創造して世界を認識するとともに、こうしたらいいのではないか?と考えた。それがだんだん現実に阻まれ、自分の可能性を特化させるようになった。この特化が過去の再現をさせる。
未来を作るものはどこまでも子供であり、創造者であり、芸術家でなければならない。

トップに戻るボタン