自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】自動人生 0748

単純に強みを使わず、あるいは軽視してやっていくなら、人は自分を外から見て「そういう人だ」と思う。中にどんないいものを持っていても人には見えないし、そうとは思えない。外を見て人は人を判断する。
強みを使わず、苦労と努力し、特に人間関係はしょーもない人しかいないのであれば、そんな奴に期待する人などどこにもいない。いるのは利用したいと思う人か、同じように自分を生かさないと決めている人だけだ。

そういう生き方が自動的に決まってしまうのも、強みを軸にしないからに他ならない。その生き方でどんなに努力してもいい生き方は決してできない。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】2つの方法 0747

次話: 【千式】別の何か 0749

トップに戻るボタン