自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】自己マネジメント 0794

といって、貢献する側は奴隷ではない。事業において自分を生かすことができるからその組織に参加しているはずだ。事業の成果は最大となり、自分の貢献も最大になるように自分をマネジメントしなければならない。
当然貢献には強みも使われる。才能も能力も使われる。同時にセンスや素質を生かす機会を自分で得ていけるよう組み立てなければならない。それが組織内の自己マネジメントになる。目的は決まっている。貢献することも決まっている。あとは生み出せる成果を伸ばすために自分を振る発揮することに集中する。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】自己不要 0793

次話: 【千式】TOPをマネジメントする 0795

トップに戻るボタン