自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】自由は死んだ 0244

自由は概念の中でもっとも軽視される。自由を一番縛るのは愛になる。感情の問題ではない事実の問題だ。愛が深ければ深いほど自由は制限される。同じように現実によって自由は殺される。現実的になさなければならないことの前では自由は死に、不自由だけが生き残る。最後に未来に自由は殺される。まだない未来は自由だと思われている。だが未来を想定するということは、それを作れるべくして作るということだ。自由にやるということではない。
この3つの理由によって自由の制限度が高い者をオレは信用しない。うまくいっているかどうか、その根拠があるかどうかではない。現に不自由を量産し続けるということだ。自由はこの中でもっとも軽視される。逆に自由な者は他の3つを軽視する。これも信用ならない。

前話: 【千式】聞くは覚悟 0243

次話: 【千式】包丁の扱い 0245

トップに戻るボタン