自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】良い大人 0338

良い大人は周囲にいなかった。大人になってからもいなかった。自己都合でこれまでのどうでもいいものを守るために生きている人ばかりだった。子供で無力で苦しみに悶えても、助けてくれる大人はひとりもいなかった。逆に便乗してくるアホばかりだった。
それが原動力となり一人で生きていける力を身につけた。もっと力が身につくと会社をやり大人を集めた。自分の世界を作った。そして【幸運にも】それは失敗した。でなければオレは間違っていないと証明する人生を歩いただろう。
今やっと身の回りに良い大人が現れた。

前話: 【千式】バス酔い 0337

次話: 【千式】心は別 0339

トップに戻るボタン