自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】草の強み? 0750

草に強みはない。よく成長するのとあまり成長しないのは個体差でしかない。種類の違いは多様性があるという自然現象でしかない。
人間も自然現象の一部だが、他の生物に比べて個体差の多様性がある。遺伝的には線虫とほぼ遺伝情報は変わらないのに、人間だけ明らかに個人差が激しい。強みの可能性を使えるように組まれている。

強みを軸に生きないのであれば、草や虫に生まれたのと変わらない。金持ちの家に生まれたのに金の使いかをよく知らないのなら、貧乏の家に生まれたのと変わらない。
どちらもその必要はまるでなかったということになる。
強みを使わない、強みを正当化に使う、強みに甘えることの最大のリスクは「命の無駄遣い」だといえる。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】別の何か 0749

次話: 【千式】貧乏性マインド 0751

トップに戻るボタン