自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】行動の選択と結果を得る 0040

人の顔色を伺い、表情の変化からその人の心の中を当てる。それができるぐらいで直感力があるとか、気が使えると勘違いしている者がいる。下品だ。
気を張り巡らせセンサー感知できるようにしていれば、その程度は誰でもできるようになる(それすらできないのは問題外)。そこから初めて気を使うことがはじまる。それをして、黙って見守るのか、声をかけるのか、厳しくたしなめるのか、優しく包み込むのか、何をどうするのか?適切な方法を採用し、良い結果を打ち出さなければ気が使えたことにはならない。
わかる程度で気を使えてるなど勘違いもいいところだ。

前話: 【千式】気の実践 0039

次話: 【千式】気迫 0041

トップに戻るボタン