自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】覇権 0898


子供の頃から自分がトップのポジションだという認識がある。子供の頃はうまく働かせることができなかったし、それを見つけて伸ばす人もいなかった。全部独学で勉強し、研究し、実験してきた。貧困な時期もあったけども、自分はダメな人間だとか、上になることはできないとか、一度も思ったことはない。
ビジネスをやってお客主義のマーケティングをやっている時も同じ。街で芸能人や有名人を見ても興味がない。どんなに有名であろうが自分を超える者はいないと思っている。年齢がすごく上であるならいるかもしれないが、自分がその年齢になって匹敵しないわけがないし、歴史上の偉人は知名度の高さと偶然の科学の結果だと思っている。
覇権は自分のところにある。

トップに戻るボタン