自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】親の強み 0536


506~535まで「結婚の未来」について書いた。ここからは「教育の未来」について書く。

教育の未来は暗い。教育の不備は何十年も言われ続けているが変化したことがない。システムががちがちに組まれているため、そこから出るのは難しい。教育に変化が生まれるのだとしたら、親の子供に対する接触が最初のステップになる。
親自身が強みを生かす生き方をしていると子供に影響が出る。親が強みに注目し、子供の強みに注目することで肯定すると子供自身が自分の生き方にコミットするようになる。自分は何ができて何ができない人間なのか、だからどう進むのがよいのか。
親がそれを行ってもその芽は学校でたやすく潰されるが、それでもスタートは親の強みからはじめるしかない。

トップに戻るボタン