自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】誰かと共にある 0474


自分がなぜ存在するのか。なんのために生まれてきたのか?に答えることは難しい。だがはっきりしているのは、存在は必ず誰かと共にあるということだ。自分を中心に考えるなら存在連合軍が存在そのものになるし、人を中心に考えるなら愛のあるつながりとして存在することになる。
存在は内的に自己完結するが、必ず外的に関係性を持つ。そして存在系の強みは外の世界に大きな影響を与える。その影響の与え合いによって個別の存在が際立つ。個々の存在はこうやって明確になりはじめる。

トップに戻るボタン