自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】誰がやるか? 0888


研究開発機関は、その前の2つの組織構造とは別に存在する。だが、特定の人員がそこに入ってその仕事だけをやるのか(大手企業)、ほぼ全ての従業員がそこに関わる時間を持てるのか(google)は組織の色合いによって異なる。
研究開発機関の長は、経営者とも社外取締役とも違う別の人でなければならない。どちらもの制約や強制を受けず、単独で事業のために研究を重ねる。当然その事業のカラーによって研究開発の内容は変わる。経営者と社外取締役の意向は汲まなければならない。

月々3000円 会員サービス

トップに戻るボタン