自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】負荷が超越才能を生む 0290

超越才能が引き継ぐ力であるとするならば、自分ひとりの人間に数多くの超越才能が眠っている可能性がある。どれもこれも、目の前の現実を見て「絶望しか感じない」物事に対して効果を発揮することがある。絶望でなければ「根本的諦め」「手に負えない大問題」「どん底」でもいい。
超越才能は精神と気に負荷をかけ、完璧を追求していなければ到りにくい。通常の平和な幸せや強みによるスムーズな成功では、つまり負荷がなくては、自然放棄されたそれ以上の力を再現する理由がない。
ただしどれほど心と気を磨き、完璧であるとしても超越才能を使えるとは限らない。その存在を知って明確にし、やりはじめるしかない。

前話: 【千式】超越才能を使いはじめる 0289

次話: 【千式】良い行い 0291

トップに戻るボタン