自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】負荷をかける 0904

負荷があるために人は自分の力を最大限発揮できる。あたりまえだ。何もないのに最大でやる者はいない。必要性もないし、最大でなくても結果が変わらないからだ。結果が変わらないのに、負荷を大きくする必要はあるのか?ある。
結果が変わらないということは、今以上の結果は望めないということだ。なんでも高みを目指す必要はないが、もっと上であることが標準値でおかしくない場合、今の結果では満足はできない。
結果を大きくするとき、負荷をかけて力を最大まで引き上げる。そうすると力を最大に使える自分を作ることがはじめてできる。

前話: 【千式】ストレスと負荷 0903

次話: 【千式】最大値 0905

トップに戻るボタン