自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】貢献する集団 0634


強みの個性が集まるには、その成果が評価されかつ経済的に満たされなければならない。結局元の話に戻る。評価も金も、求心力をただ持ちたいのであれば成功と幸せをアピールし、実際にその活動を行うのが早い。だがそれでは未来は出現しない。過去の応用だけが先の世界に生まれるだけだ。
個性、強み、その成果が活躍するためには成功と幸せ基準では明らかに不十分だ。なぜなら成功し幸せであるには個性を使うのではなく、これまで最も効果を上げていることを使う方が早いからだ。

自ら強みの成果を差し出し、自分が自分の強みと成果を超えて何を生み出せるのか?に貢献できる集団だけが新しい未来を出現させる。

トップに戻るボタン