自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】超越才能を使いはじめる 0289

超越才能の当たりをつけるには、これまでとは違った分野、違った行動、違った人間を採用しなければならない。そのどれが当たるかはわからない。自分の知覚的にこれがそうだ!というものを探るしかない。

もっとも強い強みやセンスの中には、それをもたらしている何十倍かの超越才能がある可能性がある。そこをピンポイントに、飛躍的に伸ばす行動をしてみるのも2つ目の方法になる。

子供の頃長けていた才能を親に聞く方法もある。直感などのインプットの情報ではない。何かをアウトプットし具現化したか、影響を強く与えたことにヒントがある。ただし、強みを探ってしまうと見つからない。超越才能を探す。つまり圧倒的すぎる成果だけを探す。それを今に再現して使う。これが3つ目の方法になる。

前話: 【千式】自然放棄を回避する 0288

次話: 【千式】負荷が超越才能を生む 0290

トップに戻るボタン