自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】身なり 0911

20代の前半の頃、貧乏で1日の食費が100円が限界だったとき、食事はポテトチップスだったし、コインシャワーで効率良く体と頭を洗ってお金のロスが生まれないようにしていた。だが、そういうときであっても身なりを気にできる自分を作っておけば、将来お金持ちになったときに素晴らしくいい服が着れると思った。その矜持を維持し続けることや、センスがあるところを状況や環境によって諦めないことは、必ず長期的な先に役立つと思っていた。

前話: 【千式】長期の起点 0910

次話: 【千式】成果なしの取り組み 0912

トップに戻るボタン