自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】酒屋開業 0667


1話目はここから

正也さんはともかくも、私が勝也を出産し、恭子を育てることに集中しなさいとやるべきことを示してくれました。実家は兄が継ぐことになっていましたが、一度身を寄せてもらえないか?とも思っていました。そんなある日のことです。正也さんが「お酒の販売店をする」と言ったのでした。
確かにそれなら経験もあります。私も事務のお仕事を手伝えるでしょうし、女の浅知恵かもしれませんが実家のお酒を売ればいいではないですか。こうして私たちは家業として板橋区で酒屋さんを営むことになったのです。
裕福とまでは言いませんが、決して貧しくはなく順調にいきました。正也さんにも、なんの問題もなくすくすくと育ってくれた子供達にも感謝です。

トップに戻るボタン