自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】醜悪を憎む 0070

醜いものを見て「いいな」と思う人はいない。愚かな者を見て「そうなりたい」と思う人はいない。醜く愚かなのは心も気も弱いまま放置する一方だからだ。自分の尊厳を卑下し、自分の働きを諦めている。これが醜く愚かであるということだ。
つまり精神を低く、気力を弱く保っている。美しい者は醜いものを嫌い憎む。目に入らないことも多いが、目に入るかどうか、思い出すかどうかではない。根本的に憎んでいる。
醜悪を憎む気持ちがなければ美しくなどなることはできない。

前話: 【千式】外見が美しいとは? 0069

次話: 【千式】人間関係が醜い 0071

トップに戻るボタン