自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】金の切れ目が縁の切れ目 0331

ロンドンにいたときに父親から電話があり会社が倒産したことを伝えられた。さもありなん、と思った。特にお金をもらっていたわけではないが日本に帰る潮時かなと思った。
その後こちらも貧乏ゆえに、会わない日々が続いたが数年後バンコクで病気になり、医療ミスでなにやら大変なことになったらしい。そして父は金がなく借金をしまくっていた。
一度父の経営者仲間のところに行ってくれと言われたので、渋々行ったら愚痴を聞かされ、頼んでもいない指導をされた。金のことも散々言われた。
今でもそうだがオレは金を貸すことはまずない。誰にも。貸すならやる。父が催促をするようになり、自分の生活も大変だった頃にあげるつもりで渡した。が、その後エスカレートした。金の切れ目が縁の切れ目になった。

前話: 【千式】オレを超えてほしい? 0330

次話: 【千式】クマの話 0332

トップに戻るボタン