自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】集団を守る 0493


この200年で長距離移動、高速移動と高速通信が可能になり文字通りの意味で世界が狭くなった。交流が可能になることで文化が均一化しはじめた。進化は異種との共生と言われるぐらいなので、存在に進化が求められるようになった。
これまでの存在は集団を守る必要があった。大きなものなら国単位で国を守り隣国と戦争をした。昔の物語を読めば露骨な差別が多く出てくるのがわかる。交流がない者と人は仲良くできない。存在は同じ存在を守るためだけに存在した。

トップに戻るボタン