自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】離婚が増える 0506


501~505話まで「出現する未来」についてアウトラインを書いた。ここから「結婚の未来」について書く。

わずか100年前まで結婚は家同士が家のために行うものだった。それが50年で恋愛からの結婚が可能になり、婚前の肉体関係が可能になり、この15年で離婚率が高まり、この10年で30代以上の未婚率が高まってきた。都会と地方格差も出てきた。
つまり何をいっているのかというと、結婚という考え方にバリエーションが出てきた。離婚も未婚も社会的に選択肢の一部程度にはあり得るようになり、解除可能な物事になってきた。
この50年で自由恋愛から結婚ができるようになったように、自由結婚ができる流れになっていく。その最初は離婚再婚の数が増える。もう少し先になると結婚せず同居したり家族で暮らしたりする可能性がある。夫婦別姓は日本では根付かない。代わりに離婚しても旧姓に戻さない女性が増える。結婚したままの恋愛は否定される傾向は変わらない。
ともあれまずは、選択肢としての離婚が確実に増える。

トップに戻るボタン