自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】音なし 0568

なにせ、正月の薄い空気と誰もいない静けさ。高い空。しーんという音のない世界が好きなもので、普段本当に音があるってのがそれだけでしんどい。だからBOSEのノイズキャンセリングにカルチャーショックを受ける。
もしかしたら静けさになにか真実のベースがあるのかもしれない。速さと距離を縮めることがイノベーションの基本だから、瞬間移動とか全然音のない世界なんじゃないかなとか思うんだよな。強みも存在系に近づくほど何もしなくなるから、騒がしくないというか。

前話: 【千式】アトラクション嫌い 0567

次話: 【千式】千式なんのため? 0569

トップに戻るボタン