自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】駆け落ち 0434

大人といえばイヤなヤツしかいなかった記憶だが、こんなオモシロもあった。サッカー部の監督はとにかく厳しく強かったが、子供には好かれていた。仮にナカタニ先生としよう。途中からどういうわけか、マネージャーという名目でキタウラ先生という女の先生が入ってきた。
ある日の朝練で部の倉庫に行くとホワイトボードに「お世話になった頑張れよ」と書かれていた。ナカタニ先生は新婚で子供が2歳ぐらいになるところだったと思うけど、キタウラ先生と駆け落ちした。学校中で話題になったが、おぉすげえ。そんな選択肢があるねんな・・・と思った。

前話: 【千式】上手い人格破綻 0433

次話: 【千式】いじめ 0435

トップに戻るボタン