自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】高校のフォーマンセル 0443

高校は進学校になるために頑張っていた新設校で、いわゆる落ちこぼれの方に入っていた。そういう連中で帰宅することが多かったが、カケオ、エンドウ、もうひとり誰かいたようないなかったような。
逆にゲームをしに行く側のつるみは、高校にもなるとヲタク度が増してヒッキーみたいなのとつるんでた。寺の息子のヨシフミ、ムネトシ、もうひとりいたようないないような。
高校の記憶があまりない。フォーマンセルとはいえいつも一緒にいたわけではないし。

自分でなぜフォーマンセルになっているのかわからない。男とつるむならそのスタイルが合っているのかもしれない。

前話: 【千式】中学のフォーマンセル 0442

次話: 【千式】OZで知り合った女子 0444

トップに戻るボタン