自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】髪は命 0241

221~240まで「人生基準」について書いた。ここから「重要な軽視」についてライトな寄り道コラムを10話。

髪は女の命というフレーズがある。これを軽視している現代人が多すぎる。髪は命そのものである。生まれてから髪を切ったことがない子の初めての散髪をするときに、何かやってはいけないような、怖い気持ちになったことはないか?なければ相当麻痺している。
髪は不用意に切ってはいけない。特に女は伸ばすのがベースであり、短いのはベースではない。文化やジェンダーの話ではない。
髪を切るにはタイミングがある。その人の人生の間と連動している。不用意に気分で切るのは愚かでしかない。人生のタイミングと状態に合わせて、その状態に適切な分量だけ切る必要がある。

髪を大切にしない人をオレは信用しない。失恋したら切る、子供が生まれたら邪魔だから切る、暑いから切る、飽きたから切る。なら最初からもう坊主にしてろ。
髪を粗末に扱う者は命を粗末に扱う者だ。

前話: 【千式】人生は未来ではない 0240

次話: 【千式】エンディングを打つ 0242

トップに戻るボタン