自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】2種類の方法 0735

だから未来の作り手が、未来を出現させるためにやることは2種類になる。
ひとつはすでに稼働しているポジティブな逸脱を集める。探し、足を運び、採用してみる。そのうちのほとんどは、そのコミュニティがうまくいくことに役立っても、標準値になるには不足する。
もうひとつは、感性によってポジティブな逸脱を生み出し続ける。考える。当然そのうちのほとんどが失敗に終わる。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】サンプル数 0734

次話: 【千式】未来スケール 0736

トップに戻るボタン