自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】50年速度 0720

「出現する未来」に合わせて「世界構築」をする。必ず「標準値」からスタートする。「他力のメカニズム」を使う。「全体性」と「純性」に適ったもので進める。単純にいえばそういうことだ。未来づくりにも一定の条件はある。
近代以降世界の状態の変遷は速い。1000年前と1200年前に生活文化の差はほぼなかった。現代よりもはるかにゆっくりと移行していた。それでも世界の以降には平均50年の時間がかかる。インターネットも軍事技術として扱われていた時代から考えて50年ぐらいかかっている。

これが個人的に不満だし限界を感じてしまう。超越才能は自然放棄によって没落してしまうしかないんじゃないか?と思ってしまう。それを残念に思う。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】移行されてしまう 0719

次話: 昨日アップした【千式コラム】

トップに戻るボタン