自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】NASA 0860

「発生した現象」を伸ばすための研究機関を作る。研究者を集め成果を伸ばせるように研究させる。NASAは存在にいろいろな理由付けがあるが、収益機関ではない。むしろ予算を使う機関になる。火星に生命を発見したとしてもそれは誰の得にも実益にもならない。
だがアメリカ国家が宇宙開発を続けることで先進性を持つように、成功した事業も研究開発を続けることで先進性を持つ必要がある。技術の発展によって出現する未来は確かにある。これは収益事業が成功していなければできない。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】浪費家 0859

次話: 【千式】成果後の現象 0861

トップに戻るボタン