自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】TOPをマネジメントする 0795

自分の貢献がスムーズに通り、事業の成果をより速く確実に出せるために、TOPをマネジメントしなければならない。自分は魂を売っていいなりになるために組織に入ったわけではない。自分が生かされるために入った。個人では限界があることを、共同して越えるために参加した。それをやらずにいいなりになるのは自ら望んで奴隷になっているようなものだ。
上司をマネジメントする必要がある。組織の成果を出すためにTOPや上司が何を求め、どのように進むことを欲しているのかをよく知る必要がある。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】自己マネジメント 0794

次話: 【千式】成果マネジメント 0796

トップに戻るボタン