自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【新春コラム】お金の使い方♪


14年初のコラムです。
早速行ってみましょう。

これまで無作為に、好みや必要性にお金を使っていた人も少なくないと思います。
計画的に使うとしてもやはり、好みや必要性の範囲で使っていたり。

お金は大事だけど人生長いスパンで見たら
やっぱり道具でしかないのでうまく使っていきたいものです。

で、目安になるのがこの3つ。

成功系にお金を使う
幸せ系にお金を使う
自分の好みにお金を使う

まずは自分が成功することは何か?にお金を使うこと。
これは勉強でもいいし経験でもいいし、
売上を上げるための販売促進でもいい。
投資に対してのリターンのためでもいいですね。

成功をお金で買う。
お金でどんな成功が買えるのか
真剣に考えてみたらいいと思います。

この考え方は幸せも同じ。
自分と自分の家族や周囲が
幸せであるために
どんなお金の使いかをしたらいいのか。した方がいいのか。

お金で買える幸せってのもやっぱりあります。
それが何かを良く考えて使ってみる。

そして自分の好み。
これはトライやチャレンジを含むと思っていいので
衝動買いや、悩んでいるけどやめていたものをやっぱり買う!
というのも自分の好みです。

一度買う。先に買う。買ってから考える。
そうすることで自分の好みはより明らかになるので
その後ムダなものにお金を使う機会が逆に減って来ます。

この3つのジャンルに対して
お金の使い方もまた3つあります。

計画的
衝動的
安定的

一番簡単な計画は上の3つにそれぞれ収入の20%をかけること。
残りの40%は必要経費と貯金に充てます。

また、何が成功で幸せで、どのくらいかかるのか?に対して
払える範囲内でどういう順番にするかも考えてみるといいですね。

衝動的が一番効果ありそうなのは「自分の好み」ですが
成功も幸せも、いつ何がやってくるか分かりません。
衝動的に使って罪悪感を感じるのではなく
予算の20%の中に、衝動に備える金額を残しておくといいかもしれません。

最後が安定的に使う。
予算の範囲内で毎月無理なく、
絶対に必要だと分かっているものに使います。
3ヶ月~半年に一度
それが本当に必要かを見直して
もういいかな、と思ったらやめてしまいます。

お金のうまい使い方、下手な使い方は
お年玉をどう使うか?
子供を見ていると分かりやすいかもしれませんね。

衝動的な子もいれば
保守的な子もいる。

必ずしも計画的ではないけども
感覚的に自分のためにうまく使う子もいると思います。
そういう子を参考にして
「使う」ということをうまく扱えるようにしたいですね。

トップに戻るボタン