自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【龍】インタビュー


波岸歩さんを通じて龍の生態とか世界を聞きまくる件。
みなさんにも公開します。

この世界は
扱う人の誤認
扱う人の知覚
扱う人の言語解釈
向こう側の担当の性質
向こう側の担当の理解と認識
向こう側の担当の誤認

などの条件と

「次元が関わることによる知覚の差」によって一見異なったり
矛盾しているように見えても実はそうではないということがある

ので、数多くの人にインタビューして
多角多重的に物事を見て、真実を明らかにすることを目的にしています。


波岸さんを通じて金龍にインタビューしています。

龍の種類は何種類あるんですか?
7種類です
金、銀、黒、白とあとは?
緑と、青と、赤
緑はよくあるイメージだと思うけどどういう仕事?をするの?
緑が一番人間に近いみたいで、自然を治すとかそういう役割みたい
青と赤は?
人間から遠い存在のようで、そことは関係ない役割があるようですね
龍には物理があるの?
んーーーあるみたいです!うわ!
物理体とエネルギー体の違いは?
さっき言った緑の龍の中で、物理になることがあるんだって
なんで物理になるん?
そうじゃないと治せないものがあると言ってます
物理になるということは、人間に目撃されることがあるってこと?
実際結構あるみたいですね
物理になった龍はどこに住んでるん?
んー・・・・・・地球の中って言ってます
一般的に人間の理解ではマントルがあって地殻の下はどんどんマグマっぽいと思われてるけど?
空洞があるって
その空洞はどういう世界なん?
他の霊獣とかも住んでいて、自助的に光るらしいです
入り口はどのくらいあるん?
数万とか・・・・・

じゃあエネルギーの龍が住む世界は?
んーなんとも表現できないけど色が織り混ざっているようなそんな世界
色によって階級があるん?
いや、役割の違いだけみたいですね
どうやって生まれるん?
自然の一部として自然派生的に。生まれるという感じではないです
死ぬ?
死なないです
じゃあ終わる?
あ、みたいですね
ということは意識100%で無意識がない?
です、ね
時間もない
あるみたいです
人間とは時間の過ぎ方が違う
はい
人間よりも遅い
はい
人間とは時間の過ぎ方が違う
はい

という感じだったかな。
他にはセッションでの使い方などだったので省く。

龍は神様ではなく、龍の一族が「神の一部」としてある。
神は森羅万象とか摂理と捉えてOK。

意識の比率が上がると
知覚の範囲が広がり
時間が短くなる

という特徴がある。(逆も然り)

神獣霊獣、神様などエネルギー体によく見られる。
意識、知覚が100%に近いと
生命体という概念ではなく、森羅万象の一部という概念になるので
生死がないという答えが帰って来ることがおおい。
はじまり、終わる、的な言い方をされる場合もある。

ちなみに、翌日金子マンサさんにヒアリングしたところだと
龍の種類は6種類。
金銀白黒は同じで、青緑と白ベースに虹のようなカラーが煌めいている感じの龍。

このあたりは最初に前書きした
次元と知覚の差があるので矛盾しない可能性が高い。

龍のインタビューはこんな感じ。
金子マンサさんに天狗のインタビューしたので
次はそれ書いていこうと思う。

 

トップに戻るボタン