自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

いつの間にか成果が手に入る場合(いつのまにかせいかがてにはいるばあい)

腹白く、含むところなく自分らしくやっていく、ニュートラルさやピュアさ。何か目的にトライするのではなく、あくなき自分にトライし続ける。そんなところからはじめることができると、それだけどその人は素晴らしい。

前話: 否定やマイナス(ひていやまいなす)

次話: 計算する人(けいさんするひと)