自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

お金を受け取るということに取り組むということ(おかねをうけとるということにとりくむということ)

損をしても受け取るということ。どんなに金額が小さくても、どんなに言い分があろうとも、そんなのは関係ない。言いたいことがあるのなら金払ってから言え、です。お金に真剣に向き合うということ。

前話: お金のことを考える時に大切なこと(おかねのことをかんがえるときにたいせつなこと)

次話: なぜ、そこまでして手間をかけて小さい金額に固執するのか?(なぜ、そこまでしててまをかけてちいさいきんがくにこしつするのか?)