自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

こんな【強み営業】あります~15超直感営業

【こんな【強み営業】ありますシリーズ】
こんな【強み営業】あります~09講座の金を公募
こんな【強み営業】あります~10セクシー&同情
こんな【強み営業】あります~11朝活
こんな【強み営業】あります~12福山雅治
こんな【強み営業】あります~13乱れ打ち
こんな【強み営業】あります~14チラシでお客が来ますかね?
こんな【強み営業】あります~15超直感営業 (この記事)


僕がはじめて精神世界に触れた入り口は
もう10年ぐらい前になるけども
中学生の少年でした。
お金を払ってセッションを受けにいった。

その後聞いたハナシで、
その彼も成人して大人になり、だがしかし
「このままこれを仕事にしたらなんかダメ人間」
というわけで

誰でも名前を知っている全国チェーンの居酒屋でバイトをはじめたのです。
ホールではなく
キッチンではなく
呼び込み!で。

「お兄さんお姉さん、今席空いてますよー」のあれ。

結果を先に書くと、店の売上が全国一になったらしい!!

声をかければ誰が店に来るかわかる。
なんと声をかければくるかわかる。
なのでムダがない。
店が満席のときは、同じキャッチをしている人にお客を流してあげる。
そして相手の店が満席のときにこっちに流してもらう。

風俗のキャッチは法律で禁止されているので(実は居酒屋も)
私服警官が取り締まりのために張っていると
「あ、あれ警察だな」とわかるのでスッっと身を隠す。

ま、そんなわけで強み営業ならぬ、直感営業。
すごいね。

前話: 準備と24時間体制

次話: Facebookプロモーション01「最も反応の良い投稿を起点にする」

トップに戻るボタン