自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

すぐには答えが出ない(すぐにはこたえがでない)

自分の内側の何かを探る行為は、全てすぐには答えが出ないという特徴がある。内省も内観も、内側に問いかけするものは全て長期的に行うべきであって短期的な気づきなどはあり得ない。

前話: 内省できている人(ないせいできているひと)

次話: 長期的に行う(ちょうきてきにおこなう)