自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

だいじょうぶである(だいじょうぶである)

楽観主義ではなくて現実的にだいじょうぶであるという理解のこと。とにかくだいじょうぶであるという理解を元に進めることができるということ。自分にとって最後に何がだいじょうぶなのかを理解すること。わかるのでもなく、知るのでもなく、理解する。理解の使い方上級編。

前話: 理解を使う(りかいをつかう)

次話: 進めることができる(すすめることができる)