自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ものすごく大事なことは、大事ではない!??


自分をうまく生かす、ということに
長年の研究をしているわけですが、
(あ、あくまでプロセスであって本当の興味はその先)
そこで強み発掘やら、ブロック解除やらもやってきたし
いろいろ論理体系立てたり、
ビジネスをコースにしたりもしているわけです。

で、
その自分を生かすことを考えるときに
自分にしかできないことは何か?
を考えることがものすごい重要です。

好きとか嫌いとか、
やりたいとかやりたくないとか、
そういうのは正直どっちでもいい。

自分に備わっている
自分オリジナルの昨日を使ってナンボ・・・
というのが、自分を生かす基本の考え方、
土台の考え方になります。

じゃあ、自分にしかできないこと・・・・
自分でなくてはならないことは何か?を考えるとき

多くの人がスムーズに間違ってしまうのが
自分にとって本当に大事なことは何か?
と考えてしまうことです。

既に脳内変換がはじまっています。
自分にしかできない→自分でなくてはならない→本当に大事なもの

たとえば、思い返してみたら
やはり一番大事なのは家族だ!
という結論になったとして

それは大事すぎるものを明らかにしただけなのに
だからやらなければならない
してしまうことがよく見られます。

大事だからといって、
自分にしかできないということにはなりません。

むしろ自分でやると
自分にも相手にも害が出たりすることもある。

自分にしかできないことを考えやることと、
自分にとって大事なことに取り組むことは
イコールではありません。

でも、自分にとって大事なことには
取り組まなくていいということにはならないので

その中で自分でなくてはならないことをやることと
自分では上手くできないことは、
でも大事なことなので、
他人やモノの力によって真っ正面から取り組むことです。

大事だろうがそうでなかろうが
自分を生かしてやっていこうと思うなら
どこまでも
苦手なことはやらないと決めておくことです。
(苦手だと思っていることやいいわけしていることじゃなく、本当に苦手なこと)

自分にしかできないことに取り組むとき、
それが必ずしも
大事ではないかもしれないし
好きでないことはよくあるし
楽しくも何ともないことも、またよくあります。

ただ、自分をうまく使うということに関して
優れているというだけのことです。

自分を生かすということは
何も
自分をうまく使うだけではないし、
大事なものを大事にするということもあるのだけど
まずは、
ごちゃごちゃ言わずに
有効に自分を使ってみることです。

それをやってでしか
出てこない自分の運び方というものもあります。

トップに戻るボタン