自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

やめることを決める(やめることをきめる)

やることを決断するよりも、悪習慣など、やめることを決断する方が確度が高い。大体の場合で、何かをトライしようとしてうまくいかないのは、古い悪習慣が残っているからで、その悪習慣をやめるだけで何か新しいことをやらなくてもただ自分らしくうまくいくことはよくある。やめる決断は1度に1つだけ行う。

前話: 自分で自分を生かして生きる(じぶんでじぶんをいかしていきる)

次話: 何かひとつだけ行動する決断を組み入れる(なにかひとつだけこうどうするけつだんをくみいれる)