自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

わからないがやってみる(わからないがやってみる)

わからないが採用してみるし、行動してみるし、そういう風にする。わからずやったときにしか知り得ない世界というものがある。わからない世界に対する感覚や感性が磨かれることで、理解だけで進めているがこれは行ける!というものと、理解段階でこれは無理だ!違う!とわかる、ということを見分ける目というのがついてくる。

前話: 結果を検証しなければわからない(けっかをけんしょうしなければわからない)

次話: 身に付いたもの(みについたもの)