自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

わかるがない理解の濫用(わかるがないりかいのらんよう)

理解促進が進んでいることを、さもわかっていると錯覚すると、頭でっかちでイヤらしい人間が出来上がる。理屈でモノを言い、検証と体感はなく、情報に操作される自分喪失の人ができる。うわさ話でいちいち盛り上がる人がそうだし、悪い話を聞くと勝手に踊って流される人もそう。偉そうにモノを語る人もそう。

前話: わかるを使うとより有効(わかるをつかうとよりゆうこう)

次話: 「理解」と「わかる」を使い分ける(「りかい」と「わかる」をつかいわける)