自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

アウトプットと発散が違うということ(あうとぷっととはっさんがちがうということ)

お風呂をオススメしている。湯船に浸かって、怒り事件を思い出し、散々吐き出す。徹底的に相手を貶めて、人格を否定して、相手のせいにして、ガンガン怒りまくる。出す。ある意味デトックスです。感情面で一通り落ち着くと、何で自分はここまで怒るのか?ということを考えやすくなります。

前話: 背景に悲しみがある怒りの感情を押し殺してしまう(はいけいにかなしみがあるいかりのかんじょうをおしころしてしまう)

次話: 怒るときの怒る物事(おこるときのおこるものごと)