自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

オトコをアゲル女子に必要な4つの条件

アメンバー限定記事ちょっとやめてみようかな。
本日ワタクシ・・・
勉強してきました。
イヤマジで、人から何かを学ぶとかあり得ないオレ

官能セミナーを11月に横浜でやることが決まってますが
本日の学びをベースに具体策を組み立てる必要があります。

工口と夫婦関係に必要なこと。

そもそもなんでこんな話になったのか?ということなんだけど
男性の力をうまくつかえる女性って少なくない?
むしろ敵対したり、いやはやあらぬ努力していたり。

を、どうするの?
から夜もそうだということで。

んー
まずはその3つの基礎条件。

基礎知識

工口の基礎知識。これは必要ですね。勉強してください。
常々言ってますね。基礎知識がなければないほど発展のしようがない。
ネットでも本でも何でもいいけど、勉強してますか?継続も。
男性の体、心のメカニズムの基本を押さえておく。

もうひとつ、自分の体を自分で開拓して知っておくこと。
これもいつも言ってる。

マーケティング

これが僕が最も響いたところです
いや、いつも言っている。言っているが具体的ではなかった。

工口についてマーケティングする。
直接聞く、間接的にも聞く。普段も行為のときもマーケティングする。
で、具体的な方法として
一緒にDVDを見る。雑誌も見る。
どんなモノをそもそも選ぶか。どこでストップするか。よく観るか。
どこで興奮するか。よくよく観察する。覚えておく。

聞きまくる。見まくる。知りまくる。

気持ちのいいポイント、プレイ、何を試したいか?を知る・・・
・・・ことはいつも言っている通り。

さらに。長い夫婦は必ずマンネリ化があるので
キャンペーン、プロモーションをする。

これは具体的に聞いてないけども、
コスプレ、、ナントカプレイになるようなもの。
テーマを決めるといいね。

特に女性はマンネリ化されると帰って来なくなる可能性があるし。。。

感性を磨く

これも斬新だった。
特にエネルギーワークを行うことができる人はそれを工口に応用する。
むしろ工口に特化して使う。
できないひとも、レイキのように練習すればできる技術があるので
やってみるといい、ということかな。

エネルギーワークで、彼が疲れているなら癒す。これは基礎。
精力をつけるのもいいし、やりたい気持ちになるように使う。

感性が優れている人は
相手がしてほしいことや、気持ちいいと感じているときを察知する。
で、覚える。反映する。

ここまでが3点1セットになっていて
ひとつひとつやればいいのだけど
最終的にはセンスがアップして全部一気にできるようになる・・・
のが、

できてる、ということかな。

マーケティングの具体的な方法
これまでそんなに注目して来なかったな。
試して聞きまくる、と思ってたけど、
一緒にDVDなりを見て・・・とか、観察してとか
こういう方法を

自分に合ったこういう方法を見つけることが
やっぱ重要だわ。

そしてこれも誤解というか、視点がなかったんだけど
ゼッタイ女子がやるべき!
オトコがやっちゃダメだ。いや、やってもいいけど主客が変わっちゃダメ

性的なことに関してね、
このオンナが自分のために一生懸命になってくれていると伝わる、
または
伝わらないが、なんかものすごいいいオンナ?と感覚的に伝わる。

これがオトコをうまく運ぶために必要だし
ひいては自分が上手く運ぶためにゼッタイ条件。
考えてみてほしいのだけど
そこまでするオンナから放れて浮気するオトコいますかね?
男性心理からすると、
そこまでやってくれることの良さと共に
現実的に自分の思い通り、素晴らしく気持ちいいようにやってくれる女子が
この人以外のどこにいるんだ!?いるわけない!と思うわけよ。

虜くねぇか?

で、ここまで書いて
4つ目のことがあるんだが。

「尽くす」んじゃない「喜ばせる」

尽くす女は自分が尽くしてる女であるためにやってる。
自己中心的なんだな。
だから相手が重くなったりして他のオンナに走ったりする。
「こんなに尽くしてる健気な女なのに」みたいな?

喜ばせるというのは主体が相手にある。
どうすれば相手が喜ぶか、相手が喜ぶことは何か?
これがマーケティングに通じてるんだな。

これも。
そんなオンナから離れるオトコおらんでしょ。

で。
オトコが喜びを感じ、性的にも満たされ
もちろん自分も気持ちいい想いをするようになっていくとしたら。

オトコは仕事に打ち込めるんだなぁ。
エネルギッシュに。
しかも家に帰ってきたい。
オンナとあれやこれやしたい。

ニュアンスは少し違うけども、これが
いわゆるアゲマンというヤツなんだなぁ。

もちろん、オンナにも個性や強みがあるし
相手のオトコの性質によってもやることは変わる。

通り一遍の方法はない。

だけど・・・アゲマンはある程度考え方と技術なんだな。
誰にでもできる領域がちゃんとある。
あとはやってるかどうかだけ。

なんでも基礎やマーケティングや感性は必要でしょ。
それを使いこなすセンスも。
地道に長い期間継続してやることも。

そんなあたりも横浜官能セミナーで話そうかと思った本日。
いやー勉強になりました

前話: 松原さんの官能セミナーアンケート結果!

次話: ラブがたり質問集〜第三弾「現実の中で〜・・・」

トップに戻るボタン