自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

スピリチュアルでチームを作る05

【スピリチュアルでチームを作る】
 スピリチュアルでチームを作る01
 スピリチュアルでチームを作る02
 スピリチュアルでチームを作る03
 スピリチュアルでチームを作る04
 スピリチュアルでチームを作る05(この記事)
 スピリチュアルでチームを作る06


さて今回は産土神から神様に移ります。

 神社にいるあれです。神様。

 神様が何か?というのにはいろいろな考え方があると思うけど

少なくとも

 ・エネルギー体である

 ・生命である(少なくとも概念は)

というのは確実だと思います。

で、我々にはもう既に

何人かの神様がサポートしたいなと思って

 いてくれたりします。

ちなみに僕の考え方ですが

天使なんつーのも、ここに含まれると思います。

 菩薩など仏教系も。

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 神様はどうやら人間に力を貸したがっているようです。

それは徳があるからという理由ではなく

人間という物質的な媒体を通じてでしか

得られないメリットがあるので

自分の利益のために力を貸し、対価をもらう・・・

 という感じのようですね。

 人間的といっていいかもしれない。

 既にいる神様に、産土を通じて(または直接)

 「結婚したいのでいい人見つけて」

 「儲けたいので稼がせて」

とお願いしてみるといいですね。

これは先祖に対しても同じです。

チームを組んで目的を遂行してもらいます。

 神様もやはり多い方がいいので

(多すぎるとまた違うのだけど)

 神社に参って

 「うちのチームに加わりな」

と言って回ることです。

 族ぽいですね。

 神様チームに参加してもらいます。

そのときに、

 神様にも強みや得意不得意があるので

 「あなたの得意な分野で私の手助けをすると

  お互いうまく行くならぜひ加わってください」

とお願いします。

 神社で単発のお願いをするのはもったいないので

 ・・・「家庭円満で行けますように」とか・・・

単発ではなく、

 神様が自分のチームに常駐してくれるように

 お願いするようにしてください。

 (しかも家庭円満のお願いを学問の神様にしたりね・・・)

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

なので、全員がチームに加わるわけではなく

 お断りします的な神様もたくさんいます。

その場合は

加わっているか断っているか分からなくても

  「もし断るなら、なんかください」

と言っておいてください。

なんか、くれます。役立ちそうなもの。

 神社には神様がいないこともあるし

寝てる神様もいるし、

やる気ない神様もいます。

ま、気にしないことです(笑)

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

エネルギーワーカーは、この神様を相手の前面に見ます。

 顔を中心に浮いている感じ。

そしてサポートする特性の体制を

可能性(上)

 世界(下)

 成功(左)

 幸せ(右)

に分けます。

それぞれのジャンルで何人の神様がいるか見ます。

 特に「成功」「幸せ」がベースになるので

「可能性」「世界」は多少少なくても問題ありません。

 「成功」または「幸せ」の神様が極端に少ない場合

 (1,2体とか)は

逆からそっちに移ってくれる神様がいないか聞きます。

 通常7体ぐらいいると安定します。

 自分(相手)の(顔に)近い方から手助け度が高く、大きく

(序列が高いと言ってもいい)

 整列している順番に度合いが小さくなります。

ひとりひとりの神様に話しかけて

目を覚まし、もっと活躍し、手助けするように言います。

キーパーソンは(キーゴッド?)光っていたり

目立っていたりすることがあるので

何をサポートし、何かメッセージがないか聞きます。

これで序列(順番)が変わることもあります。

ともあれ、もっと働いてもらうよう再交渉します。

たまに休眠中みたいな人もいるので起こします。

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

すごい力のある人は神様の数が多くなり過ぎて

三十三間堂状態、またはイギリスの議会みたいに

立体的に配置されている並びになっているので

整理する必要があります。

あまり役立っていない人や腰掛けには出て行ってもらい

主要なキーパーソンの下に、各神様が配置されて

組織になるように取りはからいます。

 自分が直接話すのはキーパーソンのみ、という体制を作ります。

 神社は産土神社はもちろん

自分に関係している鎮守神社も行く。

 全国にはその土地の一宮があるのでそれも行っておくといいと思います。

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

これで、

 先祖、守護霊、産土、神様による

 エネルギー的存在の「存在連合軍」が成立します。

この状態は誰にでもあるものなので

少なくともエネルギー的に

孤独になるとか、誰も認めてくれないとか、愛されないとか

無に返る、ということはないと言えます。

これら自分の後ろ、背中側の存在とのつながりを強化するためには

背中の筋肉が緩く、温かく、柔軟的である必要があります。

 簡単なワークとして、

イスに座って両手で両足のアキレス腱を挟むような形で

30回ほどこすり、

そのまま膝裏を同じ形で30回ほどこすります。

それが終わったら

両肩の関節の中の骨を

片方の肩ずつ回します。

 片手で逆の肩を持って動かないようにし、

 肘を回すことで方の関節の内側だけが回るようにします。

30回ほど回し、逆の肩も同じようにします。

これで背中が柔らかくなり、

 前屈もワーク前より曲がるようになります。

 次は実際の人間関係について書いていきます。

【エネルギーワークで遠隔セッション】

構造ブロック解除セッション

前話: スピリチュアルでチームを作る04

次話: 正しい鎧の作り方 マインド編

トップに戻るボタン