自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

スピードを上げるという効率化(すぴーどをあげるというこうりつか)

いらないものを捨てて、成果が上がっているところに集中するということでもあります。全体の配分とか順番を変えて、流れを良くするということでもある。これをすることで、成果が上がる確率が以前よりも高くなります。量もこなせるようになる。

前話: 数の論理という働きかけ(かずのろんりというはたらきかけ)

次話: 質を高める(しつをたかめる)