自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

スピ能力は「技術力×知識力」

ビジネスリーディング講座1日目と2日目の間にいる。

リーディングというのは技術。
天性でできる人もいるけども、もともと備わっているものなので
正しい訓練である程度できるようになる。
(正しくない訓練する連中は多い)

こちらがスピだとしたら
ビジネスは現実。

リーディングが内的な力だとすれば
ビジネスは外的な成果になる。

だから、外的な成果と、それを導く手法にどのようなものがあるか知らなければ
当然適切なリーディングはできない。

リーディング力85×ビジネス知覚13だったら
ビジネスリーディング力は1105になる。

この数字は両方が100としてMAX10000ポイントだとすると
10分の1程度しか実力を発揮できていないことになる。

 

概ね、外の世界を知る方が、自分の開拓よりも時間がかかる。
何があるかわからない世界が外であり、
わからなくても「ある」からスタートできるのが中だからだ。

これはラブロック解除でラブを知っているかどうか?とか
ヒーリングで健康と体のことを正しく知っているかどうか?とか
そういうことでも同じことが言える。

知覚が狭い人はスピ技術が優れていても狭い答えしか導けない。

そこでビジネスリーディング講座に参加している人に勧めた課題図書がこれ。
ここには能力者の基礎中の基礎としてやるべきことが書かれている。

病をよせつけない心と身体をつくる―直観医療からのメッセージ

右脳と左脳の統合的なことや、
現代医学を重視し過ぎて逆に知覚に制限があることなど

100%支持できる内容ではないけども
基礎を確立するという意味では100%良書だと思う。

みなさんも読んでみてはどうだろうかなと思う。
「鋼の錬金術師」もいい教材だと思うけどな。

【エネルギーワークで遠隔セッション】

構造ブロック解除セッション

前話: 知らない世界に触れた時どのようにスタンスを取るかで・・・

次話: ヒーリングと癒しを濫用するな。

トップに戻るボタン