自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

セカンドの探し方。 強みを活躍させるための手立て


努力や訓練を必要とせずに、いきなりできてしまうこと・・・・というのが強みの定義です。

人には難しいが、自分には簡単にできてしまうこと、と言ってもいいかも。

なので、ものすごい成果を導き出すことも全然珍しくありません。

その強みは、人によって数十個はあるのだけどもほとんどの人が気がついていない。

・・・・もったいない

ま、それは強み発掘コースとか強み系サービスを受けてもらえばいいとして、

ともかくも強みを生かすについて書いてみようと思います。

自分が持っている強みの中でも、それを普段から生かせるものと生かせないものがあります。

例えば、大災害が着てライフラインが断たれたら、初めてサバイバルの強みが生かされるようになった・・・・

なんていうこともあり得ます。

強みは自分が身を置く環境によって、使えるものが限定されます

ということは環境を変えれば、自分の武器である、しかもまだ使われていない強みを発揮できる

可能性は十分あるということです。

ただ、環境さえ変えれば絶対に使えるというものでもありません。

メインの仕事をファーストと呼ぶなら、

ファーストでは発揮できない他の強みを活躍させることのできる別の場所をセカンドと呼んでいます。

セカンドは強みを生かすことができて初めて成立します。

例えば、僕の大福記事たち ・・・がありますが、コレは十分にセカンドです。

僕の強みの中に、勝手に厳密に分析し、比較評価するというものがあります。・・・能力かも?

そんな強みはセミナーでは全然必要ないし、実際に使われていないのだけど

全国の大福を食べまくることで別の強みを発揮する機会を持つことができています。

全国の大福ランキング (このブログで2月最も開かれたページ)

だから、セカンドは必ずしも儲ける行為でなくてはならないとか、人のために~という必要はありません。

このブログでいうと、他にアフタヌーンティーの記事も書いています。

コレは大福の、二番目のどじょうを狙ったもので、やっていても楽しいし、うまくできるのだけども

既に使っている強みしか使えないので、そういう意味ではセカンドになりません。

2年ぐらい前は美術館に行きまくっていた記事も書いていました。

趣味、リラックスできる。自分のための時間・・・・を、話題性考えて記事にしていた。

・・・・んだけども、趣味やリラックスのための時間もまたセカンドにはなりません

使える強みがない。むしろ使わないための時間だから。

それから、昨年まで全国を飛び回っていました。

シティホテルのラウンジを使うことがよくあったので、 全国のホテルラウンジ一覧 というのも作りました。

コレも勝手に評価・・・の強みは使われているのだけど、どちらかというと記事のついでに書いている感覚。

たまたま機会があるので、ブログ記事にしよう・・・・だけでは強みを使うセカンドとしては弱いのです。

セカンドをうまく探すのには、2つの方法があります。

ひとつは、自分が普段チェックしているブログやHPや、人の集まりや活動団体などから、

自分が持っている、未だ発揮されていない別の強みを使えそうな場所にアプローチすることです。

ともかくも、行ってみてどうなるか様子を探る。

強みが使えそうなら継続してみる。使えないのならやめる。

もうひとつは、自分の強みを明らかにしてから、その強みを使えるような活動を自分で起こすことです。

僕の大福がこれにあたります。

どちらを取るかは、強みの性質や本人の性格による。

ので、優劣はつけられません。

大きく強みを使って人生を変える!とかではなく、

まずは失敗してもそれほどリスクないしやりやすい・・・・というところからトライしてみることかな。

その強み使いの積み重ねが、自分の中の中心軸でやっていくということにつながります。

なので、ひとつ目がうまくできたら第二、第三のセカンドを探すということももちろんありなのです。

トップに戻るボタン