自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ダメな自分は居心地がいい(だめなじぶんはいごこちがいい)

ダメな自分を克服するために一生懸命頑張っていると、そういう自分なら簡単に認めることができます。常に自分を1つ、2つ下のランクに置いて、そのランクでなら上位をキープできるからです。自分で自分の持ち物を過小評価していた方が、実際に居心地がよく、上位をキープできるという計算です。意識のない、無意識の計算です。

前話: 自分で自分を認めるのが怖い(じぶんでじぶんをみとめるのがこわい)

次話: 等身大の自分を等身大に認めること(とうしんだいのじぶんをとうしんだいにみとめること)