自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ネガティブリフレイン

 北海道から友達がやってきました。

 曰く「東京なにこれ。全然不況じゃない」と。

 続けて曰く「メディアがあおるから不況気分になるんじゃないの?」と憤る。

 

 メディアがあおっているかどうかはさておいて、

 ネガティブ・ポイントを見る行いは、他の行いと同じで習慣化します。

 問題対応に追われている人は次々と次の問題を探し出します。

 例えば、医者は職業柄ふと喫茶店で座っている人が病状を抱えていないか

 見るともなく見ています。

 

 ネガティブ・チェックの習慣は無意識で行うようになると結構怖いです。

 物事がうまく行かないことが、実は自分の捉え方にあると気がつかなくなるからです。

 頭の中がネガティブ・リフレイン状態にあることに気がつかないからです。

 

 ではどうしたらいいか。

 習慣は反復と慣れによって身につきます。

 悪習慣は削除と慣れによって省くことができます。

 

 僕は新聞を読みませんが、

 それはネガティブ記事ばかり掲載されているいう理由もあります。

 新聞は問題を洗い出してきて提起する媒体です。(全てではないとしても)

 新聞を毎日読むということは、毎日ネガティブ・リフレインする習慣があるということです。

 単純に「削除」して「慣れ」るだけで悪習慣を省くことができます。

 

 他にもいろいろと方法がありますが、

 とんでもなく長くなりそうなのでこのぐらいで。

 

 いろいろなネガティブ・チェックを知らず知らずのうちに行っていると

 生きにくい自分を作ってしまうことになるので気をつけたいですね。

 

 そういう僕もまだ気がついていないいろいろがありそうです。。。

前話: 差し込み記事と目先を変える記事

次話: wantとmustはワンセット ~今年3月のメルマガから

トップに戻るボタン